「痛み止め」は「痛み殺し」

痛いのイヤですよね~。
なるべくなら避けたいし、痛みは早く消えて欲しい。
だから痛み止めを手放せないっていうのも分かります。

ただ、一つ注意するべきことがあるんですね~。
痛みは何のために出ているのか?って事です。

痛みは目覚まし時計みたいなものです。
「時間ですよ~」の代わりに「ここ痛めてますよ~」
「もう起きてください!」の代わりに「きちんとケアしてください!」
ってことを伝えているのです。

痛みがないと便利そうな気がするのですがそうではないんですよね。
イタリアの Marsiliさんの御一家をご存知ですか?

Marsili家のみなさんは生まれつき痛みを感じないらしいんです。
だから火傷したり、骨折してても気づかなかったらしいんです。
火傷しても痛みがなかって気づかなかったらどんどん患部は悪化しますよね。
骨折しても痛みがなかったらどんどん動いて患部は悪化しますよね

そういうわけで痛みが出ているときに大切なのは、痛みを止めることではなくて、痛みを出してる原因を早く解消してあげることなんですね。
目覚まし時計が鳴ってるときにやるべきことは目覚まし時計を止めることではなくて、目を覚ますことなんです。

だから痛み止めで痛みを止めて、それでよしとすると、場合によってはますます患部に負担をかけて、状態を悪くすることにもなりかねません。痛み止めや鎮痛剤って英語ではペインキラーっていうんです。痛みを押し殺しているだけなんですね。

もちろん、痛みで辛いときは使っていいと思うのです。でもそれが常態化するのはあまりよくないですよね。

普段なるべく痛みが出ない身体を作って、その上でどうしようもない時だけクスリに頼る。それがクスリとの健全な付き合い方かと思います。

痛みを痛み止めで抑える日々から脱出したいなら、まずはあすとらむにご相談くださいね。

関連記事

  1. セラピストとして忘れられない別れ

  2. せっかくあすとらむに来てくださった方に「一度、病院に…」とい…

【あすとらむ】へようこそ

ヒーリングオフィスあすとらむは横浜市営地下鉄中川駅すぐにある難治性疼痛(病院の通常の治療であまり良くならない身体の不調)の解消とマタニティケア(不妊解消、切迫早流産や逆子回避、安産整体、産後の骨盤ケア)を得意とする整体院です。
地元中川周辺だけでなくセンター北など港北ニュータウン一体、あざみ野・たまプラーザなど田園都市線沿線などからたくさんの皆さんに来ていただいています。
お困りの方はぜひあすとらむにご相談ください。

横浜市都筑区中川1‐19-25露木中川ビル202
045‐532‐4650
月火木金土 9:00~19:00
水     9:00~13:00
日祝    定休日