新型コロナウイルス感染症罹患後の嗅覚異常について

あけましておめでとうございます。

本年もあすとらむをよろしくお願いいたします。

オミクロン株の登場もありますが、今年はもう緊急事態宣言は勘弁願いたいですね。

昨年は神奈川県下でも一日の感染者数が2000人を超えることもあり、クライアント様でも感染された方もおられますし、ご新規の方で以前に感染されたという方もおられます。

そういった方をみさせてもらう中で、罹患後の後遺症状である嗅覚異常が施術後に緩解した事例があるので御紹介したいと思います。

その方は去年8月に新型コロナウイルス感染症に罹患、39度の発熱が数日続き、血中酸素濃度が91%まで低下したそうです。程度で言うと中等症に相当するそうです。罹患数日後から嗅覚の低下が起こり始め、症状が収まった頃にはほぼ嗅覚が失われ、その後、11月に来院されるまで改善する傾向はなかったそうです。

ご来院されたのは別のお悩みだったのですが、併せて嗅覚に関連する部分に手技で対応できる構造的な異常があったので調整させていただきました。

施術後から嗅覚はご本人の感覚で7割ほど回復、一カ月後には8割5分ほど回復したとのお話でした。またコロナ罹患後に抜け毛が酷かったらしいですが、それも9割がた収まったとの事です。

実はもうお一人、嗅覚障害が生じていた方を見させてもらったことがあるんですね。
その方は発熱3日目くらいから徐々に匂いが分からなくなり、10日目くらいには完全に嗅覚がなくなったそうです。

復帰後すぐに見させてもらった時点では、少し嗅覚が戻り始めていたそうで、施術後にはよりスムーズに匂いが戻ってきた感じがあり、1ヶ月ほどでほぼ完全に回復したそうです。

ただ、施術前から少しずつ回復していたそうなので、効果があったのか自然に治ったのかは不明です。私自身も自然に治ったんだろうとその時点ではスルーしていました。

今回、結構劇的に改善がみられたのでクライアント様も喜んで頂きましたが、それ以上に私もびっくりしました。まあ、明確に変化を実感してもらえたのは一件に過ぎず、整体施術が嗅覚障害に本当に効果があるのか、どこまでの嗅覚障害に効果があるのか、味覚障害にも効果があるのか、抜け毛の改善にも効果があるのか、などはまだまだ確かな事は分かりません。

医学的には「自然に治るのを待つしかない」とうのが正解ですが、実際に後遺障害でお悩みの方は少しでも良くなるのであれば試せるものは試してみたいと思うのが本心だと思います。

ですのでもしそういった後遺症状がなかなか良くならず、今後の改善に不安を感じておられる方がおられましたら、試してみる価値があるの思うのでご相談くださいね。

関連記事

  1. そのビフォアアフター、意味あるの!?

  2. 塗り薬(軟膏など)と貼り薬(湿布)、どちらが効果的か?

  3. がんこな頭痛・めまい・肩こり、犯人は実は…!?

【あすとらむ】へようこそ

ヒーリングオフィスあすとらむは横浜市営地下鉄中川駅すぐにある難治性疼痛(病院の通常の治療であまり良くならない身体の不調)の解消とマタニティケア(不妊解消、切迫早流産や逆子回避、安産整体、産後の骨盤ケア)を得意とする整体院です。
地元中川周辺だけでなくセンター北など港北ニュータウン一体、あざみ野・たまプラーザなど田園都市線沿線などからたくさんの皆さんに来ていただいています。
お困りの方はぜひあすとらむにご相談ください。

横浜市都筑区中川1‐19-25露木中川ビル202
045‐532‐4650
月火木金土 9:00~19:00
水     9:00~13:00
日祝    定休日

YouTubeやってます!


↑クイックでYouTubeに移動します。

Twitter でフォロー