産後の骨盤ケアはとても大切

あなたはこのような症状でお困りではありませんか?

産後、以前履けていたパンツが履けない!
産後の腰痛や骨盤廻りに痛みを解消したい!
産前の体型を取り戻したい!
育児をがんばるために身体のケアをしたい!
 尿漏れ等産後の身体のトラブルを解消したい!

妊娠中の骨盤の変化

私はあすとらむでマタニティケアを始める前から、数多くの産後のお母さんを見させて頂いています。

その中には出産前まで腰痛なんてしたことがないのに、産後からまともに歩けないくらいに具合が悪くなった方もおられます。一方でそれまで腰痛持ちだったのに出産後はすっかり解消してピンピンされている方もおられます。

具合の悪い人は明らかに骨盤が歪んでいます。しかも骨盤の歪みは通常、仙腸関節という背中側の左右にある関節で起こるのに対し、産後なかなか良くならない痛みを抱えた人は恥骨結合という身体の前面にある関節にもずれがあります。

そのズレの解消が産後の骨盤周辺のトラブル改善のキーとなっているようです。

骨盤は身体を支える土台となるとともに、赤ちゃんを育てるベッドにもなります。そして大きく育った赤ちゃんは骨盤の真ん中を通り抜けて、外界に出てきます。

女性の骨盤は大きく出来ているとはいえ、赤ちゃんが出てくるには狭すぎます。
そりゃそうですよね。大きくなるまではしっかり閉じて、赤ちゃんを支えてくれないと困りますからね。
大きくなるまではしっかり閉じて、いざ、出てくる時にはしっかり開いてほしい。

赤ちゃんが「・・・あれ!出れへん!(;・∀・)」ってならないよう、お母さんの身体は妊娠初期からリラキシンというホルモンを出して、恥骨結合を緩めて骨盤を開き、出産に備えます。

このリラキシンは恥骨結合だけでなく他の関節の靭帯(関節を留めるためのゴムバンド)も緩めます。また受胎直後から胎盤から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピンというホルモンにも関節を緩める作用があります。

そのためにこれらのホルモンがでる妊娠中(リラキシンは生理前にも分泌されます)は関節が緩くなりグラグラになることでいろんな痛みが出やすくなるんですね。

その後、出産が終わりますと、これらのホルモンの分泌が止まり、緩んで広がった恥骨結合やその他の関節靭帯は徐々に元の硬さを取り戻し、それに合わせて骨盤も閉じて来ます。

このとき、元通りに綺麗に締まらず、さまざまな不調・痛みの原因となったり、体型が戻らない原因になったりします。

骨盤がうまく閉じて安定しない理由

本来、産後、骨盤は自然ときれいに閉じていくものです。その一方で上手く閉じれずに痛みを感じたり、産前の体型を取り戻せずに悩んでおられるお母さん方もたくさんおられます。どういった理由で骨盤がうまく閉じなかったり、安定しにくくなるのでしょうか?

①骨盤が閉じる時期に動き回ってしまう。

これ、二人目を生まれた後の方に多いです。たぶん二人目を産んでまだ十分に身体が回復しきれていないうちから、走り回る一人目を追っかけて面倒を見ないといけないからでしょうね。やはり産後1ヶ月は絶対安静、産後2ヶ月までは無理しないことが一番です。この時期は骨盤のゆるみだけでなく、免疫力の低下やホルモンバランスの崩れからの感情の不安定、さらに妊娠出産のために肥大した子宮が約一か月かけて元の大きさにまで収縮する後陣痛など、お母さんの身体の回復にとっても大切な時期ですので、無理をしないことが大切です。

②元から骨盤に問題があった。

腰痛をお持ちの妊婦さんを見させてもらうと仙腸関節(骨盤の後ろ側の左右にある関節)の片側のガチガチに固着しており、もう片側はグラグラになっている方がおられます。元から骨盤に歪みがあった方はリラキシンが全身に行き渡っても全体が均等に緩むことがなく、緩みに偏りが出るのかもしれません。当然こういった状態では出産時に苦労したり、出産後の骨盤の安定に問題が生じます。妊娠中から適切なケアをし、出産を迎える方が楽に出産でき、その後の回復も早いようです。もちろん産後の適切なケアも必要です。

③産後に骨盤を歪ませるようなことをしてしまった。

座り方、寝方などの姿勢の問題や身体の使い方のクセがある場合、普段であればそれほど骨盤に影響しない行為でも、緩んでいるこの時期では確実に骨盤に悪影響を与える場合もあります。現代人は生活習慣上、筋力が不足しており出産のダメージに打ち勝つ体力(筋力)がない分、注意が必要です。そういった意味でも産後に動き回りすぎたり、足を組むクセ、崩して座るクセなどはこの時期は特に注意した方が良いです。

④体力不足で骨や筋肉が弱い。

先の項でも少し触れましたが、現代の私たちは大変快適で便利な生活をしている分、昔の人に比べて骨格や筋肉の発達が劣っているところがあります。骨格そのものが脆弱だったり、骨格を安定して支える筋肉が不足していたりします。その場合、妊娠・出産のダメージに身体が耐えきれなかったり、そこからの回復力が低かったりする場合があります。普段の日常生活の中で身体を使い、筋肉や骨を鍛える工夫が必要です。

骨盤がうまく締まらないとどうなるの?

骨盤が上手く締まらないとどうなるのでしょうか?

①骨盤周りの筋肉が使えなくなります。

グラグラの骨についている筋肉は安定した土台がないと本来の力を発揮できません。また骨がずれる事で筋肉の長さが変わります。引き伸ばされたり弛んだ筋肉は正常な機能を発揮できません。例えば0から100まで使えていた筋肉が0から30までしか使えなくなります。

②その周辺の筋肉が緊張して硬くなります。

一方で関節がグラグラになりそこに直接付いている筋肉が上手く使えなくなると、そこを安定させるためにその周辺の筋肉がガチガチに緊張します。例えば0から100まで使えていた筋肉が70まで緊張すると、その筋肉は70から100まで、実質30しか使えなくなります。

③代謝が落ち、脂肪が付きやすくなります。

100使えるはずの筋肉が30しか使えないと70%も代謝が落ち、脂肪が付きやすくなります。また身体の弱いところにはそこを保護するために脂肪が付きやすいという性質もあります。こうして広がった骨盤のスペースは付いた脂肪に埋められるのでさらに骨盤は締まりにくくなります。同時に血流の悪化や体液の鬱滞も起こるので、疲れやすく痛みも出やすくなります。

④身体にバラバラになる力が掛かります。

身体の表面にあるアウターマッスルは大きな力を出すものの、その方向に身体を引っ張ってしまいます。一方でその奥でアウターマッスルが働ける土台となるよう関節を安定させるのがインナーマッスルであり、そのうちの身体の軸を安定させるものをコアマッスルといいます。骨盤回りのコアマッスルが働けない状態で身体を動かすと体軸が安定せず、身体にはアウターマッスルによって振り回される力がかかり、骨盤だけでなく全身のいろんな痛みにつながります。運動すればするほど体調がおかしくなる場合はこの問題を疑うべきです。

産後の注意点と骨盤矯正を受ける意義

しかしその一方、一人目出産後ボロボロだった身体が二人目出産後にリセットされて今はもう全く痛くないとおっしゃる方もおられました。全身の関節が緩んでまた締まるというのは出産という困難を乗り越えた女性に与えられる一生に数回だけの身体の歪みをリセットするチャンスでもあるのです。そのチャンスを有効に生かすためにも産後の骨盤矯正を上手く活用して頂きたいです。

リラキシンは出産後2、3日で分泌が止まり、胎盤から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピンは出産と同時に胎盤と伴になくなります。骨盤が締まるのが産後3ヵ月と言われます。出産直後から骨盤ベルトなどで骨盤を固定し、産後1か月までは常時巻いておくのがベストです。ただしこの段階で強く締める必要はありません。あまり絞めつけ過ぎても悪露が出し切りにくくなったりして問題です。

産後6週間くらいまでは安静を心掛け、赤ちゃん以上に重いものはだんなさんに持ってもらいましょう。この時期にニッパーなどでウエストを絞るのはお勧めしません。骨盤の上端を締めることで骨盤の下端が開き、うまく骨盤が締まらない場合があります。ウエストを絞りたいのは分かりますが、順番としてはまずは骨盤を締めるのが先です。

そして産後1か月検診が終わった頃から二か月目くらいまでが骨盤矯正の初め時です。まずは骨盤の状態を見せてください。そのまま自然に安定するようであれば、あえて骨盤矯正はやる必要はありません。必要なアドバイスや生活上の注意点をお伝えします。あとは産後6ヶ月まで定期的に経過を観察しながら、必要に応じ施術を行ないます。

お母さんにとって身体はまだ回復していないわ、睡眠を削って授乳しないといけないわ、一番大変な時期ではありますが、今後長きにわたって健康な身体を手に入れるための最大のチャンスです。そのチャンスを逃さず、元気にきれいになって生き生きと子育てに取り組んでください。

産後の骨盤矯正は強制的にお受けください。・・・というのは冗談ですが、健康診断みたいなものとしてぜひとも受けてもらいたいです。なぜなら、産後かどうかを問わず、あすとらむに来られる大半の方はご自身の身体の歪みに気づいていません。無痛、無症状だからといって健康体だと思い込んでいたら、ご本人が気づかないところで、骨盤が歪んでいったり、緩んだままでいるケースもあるからです。

先ほど説明した通り、出産は全身の骨格の歪みを修正する一大チャンスでもあります。骨盤矯正をやる必要があるかないかも含めてチェックさせてもらうのでまずはご相談ください。

産後の骨盤矯正Q&A

Q,骨盤矯正って怖くて痛くないですか?

骨盤矯正というとボキバキと怖いイメージがあります。

そういった矯正が必要な場合はたしかにありますが、そういった矯正が必要なのは産後半年~一年以降の歪んだ状態でガチガチに関節が固まってしまった場合です。

産後しばらくしての骨盤矯正は、出産直後のグラグラの骨盤をなるべく早く均等に安定させるためのものなので、骨盤にソフトな力を加えて、ゆっくりと歪みを補正していき、その上で骨盤ベルトやテーピングなどで固定し、安定を図ります。

産後の骨盤矯正は骨盤が歪みなくきれいに閉じるのをサポートするものです。個人的には「産後の骨盤矯正」という表現はあまり適切でなく、「産後の骨盤ケア」または「産後の骨盤メンテナンス」と呼ぶのが適切だと思います。

Q,産後の骨盤の歪みは自然と治らないんですか?

基本何もしなくても骨盤は自然と閉じて安定してきます。その一方でなかなか骨盤も体調も安定せず、不調を引きずっている方もおられます。

あすとらむは更年期障害に対する施術も得意としていますが、更年期障害のひどい方は骨盤が歪んでいるケースが多いです。私たちは骨格と筋肉の専門家です。みれば骨格の歪みが新しいものか古いものか分かりますし、時には何歳のいつ頃に傷めたかまでわかります。

そうすると明らかに出産後または産前の歪みをそのまま更年期まで持ち越している方がおられます。その間ずっと調子悪かった人もいれば、重い症状を定期的にぶり返している人もいます。もちろん時間の経過とともに治まっていった人もおられます。

不調があるのであれば、自然に治るかもしれませんがそれを期待して辛いのを我慢しながら過ごすより、早く骨盤矯正を受けて健康な体になってしまったほうがトクでラクだと思いますよ。

Q,骨盤矯正はいつまでに受けるべきですか?

先述の通り、産後2ヶ月を前に骨盤矯正を初め、経過を追いながら半年程ケアするのがベストです。産後半年までに行うのがベター、遅くとも産後1年前後までには受けておいて欲しいと思います。

ただし、実際お母さんは赤ちゃんにかかりきりになってなかなかご自身のメンテナンスにまで気が回らないのが現実です。「1年過ぎたからもう無理ですか?」と聞かれることも多いです。早いのに越したことはありませんが、遅いから間に合わないってことはありません。

実際、骨盤の歪み自体は更年期障害の施術の際に行なってもきちんと改善します。ただ「産前に履けていたズボンが履けない」「お腹回りがゆるんだまま」など骨盤が元の状態に閉じないトラブルは早めに対応する必要があります。

なぜなら骨盤周辺は脂肪が付きやすい場所です。開いた骨盤に脂肪が付いた場合、一旦ついてから取るのは結構大変です。

Q,赤ちゃんを連れて行っていいですか?

大丈夫です。スペースの関係で赤ちゃん用ベッドなどを用意できないので、ベビーカーでそのまま院内に入って頂くかたちになります。

ぐずった時にあやしたりお世話をしてもらう時間的余裕を設けるなど最大限の配慮はさせて頂きますが、あすとらむは院長一人で運営している施術院です。託児スタッフや受付スタッフなどはおりませんので施術中はどうしても目が届かないことがあります。その点で安全に関して、すべての責任を負いかねることをご了承ください。

ご夫婦や三世代で来られて施術中は旦那さんやおじいちゃんおばあちゃんに赤ちゃんを見ていてもらわれる方もおられます。

Q,子供の世話でどうしても行けないので自分で出来る事はありますか?

骨盤ベルトなどを使った骨盤の固定やあすとらむでの産後骨盤ケアと同じほど大切な事がもう一つあります。それは腹横筋・骨盤底筋などコアマッスルを鍛える事です。

子宮脱や尿もれの改善・予防はもちろん、全身のあらゆる症状やお悩みに影響があります。この件に関してはゆくゆく別のページを設けようと思っていますが、気になる方は個別にお問合せ下さい。

産後の骨盤ケアはあすとらむにお任せください!

ヒーリングオフィスあすとらむでは、難治性疼痛とマタニティトータルケアに特化したカイロプラクティック整体院です。

出産は終わりではなく、子育ての始まりです。かけがえのない赤ちゃんを元気に育てるためにはお母さんの健康が何より大切です。あすとらむでは産後の骨盤矯正を通じて、お母さんが元気に子育てをできる身体創りを行わせて頂きます。

あなたを悩ますその問題、今こそしっかり解消しませんか?
あすとらむでは「良くなりたい!」と思っておられるあなたの想いにお応えする施術を用意して、あなたのお越しをお待ちしています。
この機会に痛みや不調のない身体を手に入れましょう!


本当にお困りなら今すぐご相談くださいお電話は0455324650へ今すぐ

【あすとらむ】へようこそ

ヒーリングオフィスあすとらむは横浜市営地下鉄中川駅すぐにある難治性疼痛(病院の通常の治療であまり良くならない身体の不調)の解消とマタニティケア(不妊解消、切迫早流産や逆子回避、安産整体、産後の骨盤ケア)を得意とする整体院です。
地元中川周辺だけでなくセンター北など港北ニュータウン一体、あざみ野・たまプラーザなど田園都市線沿線などからたくさんの皆さんに来ていただいています。
お困りの方はぜひあすとらむにご相談ください。

横浜市都筑区中川1‐19-25露木中川ビル202
045‐532‐4650
月火木金土 9:00~19:00
水     9:00~13:00
日祝    定休日