ベテラン保育士さんからのお話 お乳をあげるときには…

あすとらむには様々な職種の方がご来院になられます。

なかでも保育士さんは年齢問わず職業柄、腰痛や坐骨神経痛に悩まされている方が多いですね。

休職に追い込まれる程の腰痛にお悩みの方も多いので、早めのケアと定期的なメンテナンスをおすすめ致します。

先日、ベテランの保育士さんからある話を聞きました。

「最近のお母さんは授乳中にスマホをいじっている人が多い。」

まあ正直、私は最初

「それが何か問題でも?」

と思っちゃいました。

赤ちゃんにとって授乳は単なる栄養補給ではなく、お母さんの愛情を感じるとても大切なコミュニケーションだそうです。

赤ちゃんはお母さんの目と表情を見て、愛情を感じながらお乳を飲むそうです。

ところがその時に

お母さんがスマホを見て、赤ちゃんから目を離していると、赤ちゃんはとても不安に感じる

そうなんです。

ですのでその方が見てると、赤ちゃんはお母さんの気を引こうと「あ~」とか声を掛けるそうなんです。

でもお母さんはちょっとあやしたあと、特に問題もなさそうなのでまたスマホを見る。

そうしているうちに赤ちゃんの方が諦めて何も言わなくなるそうです。

大げさな言い方をするなら、お母さんが知らん間にちょっとしたニグレクトをしちゃってるわけです。

こう書くと、ネットではすぐに「授乳中にスマホをいじっている母親なんて失格だ!」なんて意見をスマホいじくって書き込む人が出てきます(笑)

が、そんなことを言いたいんじゃないんですよね~。

だって、スマホが出てきたのがごく最近の事。

お母さんもそんなこと知らなければ、アドバイスをする上の世帯も普通は気づきません。その時代にスマホなかったもん。

でも経験豊かな保育士さんだからこそ授乳の様子を見ていて気づかれたんでしょうね~。

もちろん、授乳中のながらスマホが本当に間接的ニグレクトになって、赤ちゃんの心や身体の発達に影響するのかは分かりません。

ただあえてそれを生体実験する必要はないと思うのです。

現在授乳中のお母さんも将来のお母さんもちょっと知っといてもらえればいいかなあと思い、紹介しました。

関連記事

  1. ご懐妊やご出産の報告について

  2. 祝ご出産!医師から難産の可能性を指摘されていた方の超スピード…

  3. 祝ご出産!子宮頚管無力症の方の高齢出産

【あすとらむ】へようこそ

ヒーリングオフィスあすとらむは横浜市営地下鉄中川駅すぐにある難治性疼痛(病院の通常の治療であまり良くならない身体の不調)の解消とマタニティケア(不妊解消、切迫早流産や逆子回避、安産整体、産後の骨盤ケア)を得意とする整体院です。
地元中川周辺だけでなくセンター北など港北ニュータウン一体、あざみ野・たまプラーザなど田園都市線沿線などからたくさんの皆さんに来ていただいています。
お困りの方はぜひあすとらむにご相談ください。

横浜市都筑区中川1‐19-25露木中川ビル202
045‐532‐4650
月火木金土 9:00~19:00
水     9:00~13:00
日祝    定休日