あなたはこのような症状でお困りではありませんか?

肩こりが悪化すると頭痛が出て、ひどいと吐く。
 こめかみがズキズキえぐるように痛い。
 定期的にやってくる群発頭痛に長年耐えている。
緊張性頭痛と偏頭痛を併発している。
 痛み止めに頼る今の生活から脱却したい!
そもそもクスリが効かないほど頭痛がひどい!
 毎朝の頭痛・吐き気で学校・会社に行けない!




お電話は0455324650へ今すぐ

ご来院の皆様の喜びの声をお聞きください

20年悩まされた群発頭痛がここ1年出ていません。

40代男性、建築関係、O.J様

頭痛薬をほとんど飲まなくて済むようになりました。

50代女性、会社員、I.H様

何をしてもとれない頭痛が少しずつラクになりました。

40代女性、主婦、A.M様

酷い頭痛が治りました

40代女性、T.Y様

長年頭痛に悩まされていることを職場の先輩に相談したところ、
あすとらむをご紹介していただきました。
とても丁寧なカウンセリングと確かな施術で、施術後は頭と首の重だるさがなくなり全身スッキリして軽くなりました。
2週間後の再来院まで頭痛が起こることもなく症状が改善されてとても嬉しいです!

あんなに悩まされていた頭痛がなくなりました!

40代女性、R.K様

偏頭痛持ちで月に2,3回は必ず頭痛がありました。9月に入ってから急に頻繁に頭痛が起こり、二日に一回頭痛薬を服用していました。接骨院に通ってもまったく良くなる傾向がなく、ネットで検索したらあすとらむさんがヒットし口コミの評価がとても良かったのですぐに電話をし予約を入れました。通い始め2回目以降からあんなに頻繁にあった頭痛が見事になくなり感謝の気持ちでいっぱいです。なんと10月は頭痛薬を一度も服用しませんでした!!本当にありがとうございます。

頭痛の頻度が減りました

30代女性、abeille様

小さい頃からひどい偏頭痛に悩まされていて、薬の量が増えていくばかりだったので、なんとか改善したいと思い伺いました。
丁寧に話を聞いてくださり、信頼できる印象です。
お部屋も清潔でリラックスできる雰囲気です。
施術中から体がぽかぽかする感じがしました。当日と翌日はなんとなくダルい感じがありましたが、それが過ぎるとその週はいつもより頭痛の頻度が減りました。
まだ二回ですが、継続すれば、偏頭痛に悩まされる回数が減ると思うと、今後が楽しみです。

※これらはご来院のクライアント様から頂いたお声や、ポータルサイトの当院ページに頂いた口コミです。個人の感想であり、効果効能を保証するものではございません。

頭痛についての基礎知識

頭痛の種類

頭痛には大きく二つのタイプがあります。

一つは症候性頭痛というもので、何らかの疾患(病気)や外傷(けが)の症状として頭痛が生じているものです。これらは頭痛を引き起こしている病気やケガに対する治療が最優先となります。基本あすとらむの施術の対象とはなりません。

もう一つは機能性頭痛というもので、原因となる明らかな疾患や外傷は見つからず、慢性的に出たり出なかったりを繰り返します。あすとらむの施術の対象となるのはこのタイプの頭痛です。機能性頭痛には代表的なものとして次の3つがあります。

緊張性頭痛

身体的または精神的なストレスで首の筋肉が緊張し、頭が締め付けられるように痛みます。 反復性(時々起こる)タイプと慢性(3ヶ月以上にわたって毎日起こっている)タイプがあります。

偏頭痛

ズキズキと脈打つような強い痛みが頭部の片側が起こります(約4割の人は左右両側に起こります)、ひどいと吐き気や嘔吐が伴います。前兆現象でまぶしさやチカチカを感じる場合もあります。頭痛が起こるのはいつも同じエリアで、不定期で頭痛が起こり、数時間~数日で自然に収まります。

群発頭痛

片方の目をえぐられるような激痛が1~2カ月毎日起こり、それが半年~2年位の間隔で再発します。20代~40代の男性に多いです。同じ激痛でもクモ膜下出血などが痛みで身動きできないのに対し、群発頭痛は痛みを紛らわすためにのたうち回りたくなるのが特徴です。

頭痛の原因

緊張性頭痛は主に頚部の筋肉の緊張や骨格の異常が頭部への血流や神経の伝達を阻害して起こっています。
片頭痛はセロトニンという神経伝達物質(ホルモンのようなもの)によって化学的に引き起こされるといわれています。
群発頭痛の原因は不明です。脳の血管の炎症によって神経が刺激されて起こると考えられます。

これら機能性頭痛の根本的な原因はホルモンやストレスによる化学的な血管の炎症および筋肉の緊張や姿勢の悪さによる構造的な神経への刺激や循環不全によるものと考えられます。

あすとらむの頭痛対策

あすとらむの頭痛解消整体は、病院はもちろん通常の整体では対応しにくい偏頭痛と緊張性頭痛の併発、群発頭痛、めまいや吐き気・耳鳴りを伴なう頭痛にも対応できるのが特徴です。

病院での一般的な治療

頭痛薬の処方が一般的です。頭痛薬にも主に筋肉の緊張を弛めるものと血管の炎症を抑えるものがあります。また群発頭痛には内服薬でなく注射するタイプの薬剤もあるようです。頭痛薬は乱用するとそれが起因となって頭痛が起こる場合がある(薬物乱用性頭痛)ので、頭痛外来など専門の医師の診察を受けて、適切な薬を処方してもらうと良いでしょう。

とはいえ、基本、投薬治療は症状を抑えるのが目的であり、頭痛を改善するものではありません。辛い時に使ってもらうのはいいと思いますが、クスリに頼らなくても頭痛が出ない身体になることが大切です。

頭痛に対するあすとらむの基本的な考え方

頭痛はその原因により、筋肉の緊張によるもの血管の拡張によるもの神経が刺激されて起こるものなどがあり、それぞれに適した手技療法を加え、緩和・解消を図ります。

筋緊張性頭痛など、筋肉の緊張による頭痛には直接的に首周辺の筋肉を緩めるだけでなく、全身の筋肉や骨格のバランスを整えて首の筋肉が緊張しなくてすむ姿勢を創る必要があります。
偏頭痛など、血管の拡張が起因となる頭痛は頸部の骨格矯正と頭部への頭蓋骨矯正(クラニアルセラピー)で循環を改善することで緩和・解消が期待できます。おそらく偏頭痛の原因は血管の拡張ではなく、血液やリンパ液が頭蓋骨に鬱滞する事で物理的に内圧が高まったり、痛みや炎症を引き起こす物質がそこに停留することが原因でないかと思われます。そのためそれらの排出を促進する事が重要です。
大後頭神経痛など、神経が刺激されて起こる頭痛は神経に物理的な刺激を加える身体の構造上の問題を取り除いたり、食生活など化学的に神経に刺激を加える要素を見つけて控えることで、発生しにくい身体創りを行ないます。

具体的な施術

クラニアルセラピー(頭蓋骨調整)


クラニアルセラピーにはいくつかのやり方があって、頭痛のタイプによって向き不向きががあります。
頭痛の解消にクラニアルセラピーを用いる治療院は多く存在しますが、頭痛のタイプによってきちんと使い分けているところはあまりないと思われます。
特にある部分の緊張を取り除く事がとても大切なのですが、その部分をどう緩めるかがとても重要です。

頸部をはじめとする全身の骨格筋肉矯正


筋緊張性頭痛はもちろんその他の頭痛も、頭部以外の問題が必ずといってもいいほど何らかの悪影響を及ぼして起こっています。特に頸部の状態は非常に重要です。また、足底(足の裏)、骨盤、脊柱(背骨)、顎関節、姿勢(なかでも猫背と前突クビ)の調整は頭痛改善に不可欠です。

エクササイズ指導や生活改善アドバイス


おもに首の位置を正しく整えるためのエクササイズと姿勢改善のアドバイスをさせて頂きます。人によっては日々の食事や嗜好品によって頭痛が起こっている場合もあるので、その原因を特殊な検査法で見極めて、改善のアドバイスをさせていただきます。

頭痛にお悩みならあすとらむにお任せください!


こんにちは。ヒーリングオフィスあすとらむ代表、藤本です。
あすとらむは横浜市都筑区港北ニュータウン、中川駅すぐそばにある整体院です。
頭痛で病院に行くとお医者さんはその頭痛が命にかかわるものかかかわらないものか見極められます。
重篤な病気から来る頭痛でなければ「ああ、良かったね。病気じゃないよ。」という話になりますが、全然良くない。
「命にかかわらなくても辛いものは辛い!この状態を何とかしてほしい!」と思いますよね?
痛みが常にあるっていうのは精神的にも苦痛ですし。日々の生活の楽しさも半減してしまいます。せっかくのお出かけが辛くなったり、イライラして家族に当たってしまう自分に後悔したり…
最近は単なる痛み止めではなく専用の頭痛薬もありますが、どのみちクスリで症状を抑えていることには変わりなく、そういった状況が正しいとも思えません。
あすとらむではそういった頭痛にお悩みの多くの方に御来院いただき、とても喜んでもらっています。
あなたもその一人になりませんか?
しつこい痛みから解放されたい!頭痛薬の使用を減らしたい!頭痛の無い生活を経験してみたい!と本気で願うあなたのお手伝いが出来れば幸いです。

あなたを悩ますその問題、今こそしっかり解消しませんか?
あすとらむでは「良くなりたい!」と思っておられるあなたの想いにお応えする施術を用意して、あなたのお越しをお待ちしています。
この機会に痛みや不調のない身体を手に入れましょう!


本当にお困りなら今すぐご相談くださいお電話は0455324650へ今すぐ


免責事項

お悩みの身体の状態によってはすぐに病院に行くべきものもあります。何らかの病気が疑われる場合はまずは専門医にかかられて診断を仰ぎ、その上で施術を受けられることをお奨め致します。それによってよりみなさまにとって有益な施術計画を提案することが出来ます。なお効果には個人差があり、こちらに記載した内容はその効果を保証するものではございません。

参考: 重要!区別が必要な頭痛

頭痛には命にかかわる危険なトラブルから生じているものもあります。まずは初めに専門医の診察を受けた上であすとらむにお越し下さい。

脳および脳血管系の疾患による本態性頭痛 ~危険な頭痛~

「今まで感じたことのないくらいひどい頭痛」
「ついさっきまで何とも無かったのにいきなり現れたひどい頭痛」
「今まで頭痛なんてほとんど起こらなかったのに現れた頭痛(特に40~50歳代になってからの)」
「日を追って徐々に悪化してくる頭痛」
「発熱をともなう頭痛、首筋の硬直を伴なう頭痛」
「手足のしびれや麻痺、身体の痙攣、視野が狭くなったり、視力が低下する」
「頭痛と共に一瞬意識が飛んだり朦朧とする。記憶のとぎれがある。ろれつが回らない。」

この場合、以下のような脳神経系・血管系の重大な病気の可能性があります。

・脳出血/脳梗塞
・クモ膜下出血
・髄膜炎
・脳腫瘍
・硬膜下血腫
・脳動脈解離

すぐに脳神経外科に受診ください。

上記以外の症候性頭痛

脳や脳血管系以外の疾患に起因する頭痛には以下のものがあります。

・頭部の外傷(ケガ)
・感染症による頭痛…風邪、ウイルス性髄膜炎など
・毒性物質による頭痛…一酸化炭素、アセトアルデヒド(二日酔い)

基本的に症候性頭痛はあすとらむの施術の対象にはなりません。
病院にて適切な診断と処置を受けてください。

参考: ほかにもある多種多様な頭痛

頭痛にはこれまで紹介したもの以外にもいろいろな頭痛があります。その中にはあすとらむの施術の対象となるものもたくさんありますので、気になる症状があればご相談くださいね!

不安神経性頭痛…おでこを横切るように痛みが走ります。不安や抑うつ状態、クスリの多用で起こります。
ストレス性の頭痛…痛みが後頭部から頭頂部に走ります。
・大後頭神経痛…片方の後頭部から頭頂部、額にかけて、頭の表層に痛みが走ります。髪の毛が風にそよぐだけで痛みを感じます。
副鼻腔性の頭痛…おでこや鼻筋、目の少し下に深層に鈍痛が続きます。触れると痛みを感じます。
頭蓋内圧上昇性頭痛…鼻や頬の少し上から頭全体が痛みます。
アレルギー性の頭痛…目の痒みや鼻水に伴って全体的な頭痛がでます。
頸椎起因性頭痛…首の骨に起因し、頭部を動かすことで頸部から後頭部にかけて起こる頭痛
咳誘発性頭痛…咳をしたときに引きつれるような頭痛
外因性血流障害性頭痛…運動後すぐにおこる全体的な頭痛
眼精疲労による頭痛…目の酷使により目の周辺に重さや痛みを感じる
ホルモン性頭痛…生理の周期にあわせておこる片頭痛のような頭痛
高血圧による頭痛…高血圧によって朝方に起こる頭全体やヘアバンド状に起こる頭痛
突発性頭蓋内高血圧…夜間や朝方に悪化する後頭部の鈍痛
反射誘発性血管性頭痛…カフェインやチョコレートで起こるズキズキした頭痛
顎関節に起因する頭痛…噛み合わせ、食いしばりにより起こるこめかみから側頭部の頭痛
側頭動脈炎…側頭部に起こる灼熱のような痛みや突き刺さるような痛み
週末頭痛…仕事の緊張から解放される週末に起こる頭痛
アイスクリーム頭痛…かき氷など冷たいものを飲食した時に起こる頭痛。暖かい場所から寒い場所に移動した時にも起こります。

【あすとらむ】へようこそ

ヒーリングオフィスあすとらむは横浜市営地下鉄中川駅すぐにある難治性疼痛(病院の通常の治療であまり良くならない身体の不調)の解消とマタニティケア(不妊解消、切迫早流産や逆子回避、安産整体、産後の骨盤ケア)を得意とする整体院です。
地元中川周辺だけでなくセンター北など港北ニュータウン一体、あざみ野・たまプラーザなど田園都市線沿線などからたくさんの皆さんに来ていただいています。
お困りの方はぜひあすとらむにご相談ください。

横浜市都筑区中川1‐19-25露木中川ビル202
045‐532‐4650
月火木金土 9:00~19:00
水     9:00~13:00
日祝    定休日