セラピストとして忘れられない別れ

ちょっと重たい話になって申し訳ありません。

専門学校を卒業してまだ一年か二年しか立っていない頃、とあるクライアント様に出会い、それから五年以上、途中に間があくこともあったけどずっと見させてもらってました。。

時には奥さんや娘さんを連れてきて下さり、一見とっつき難そうな雰囲気だけど、フランクに話が弾む気のいい方でした。

 

一時期、一年近く姿を見せられなくて、次に会った時はすごく痩せておられてビックリしました。

どうやら癌が見つかったらしく、肝臓の半分を摘出したとのこと。

ひと段落して落ち着いたようなのでまた施術を再開しました。

 

それから一年位経ったある時、腰が痛いと言ってこられました。

「そういえばがんのほうは大丈夫ですか?」

「ああ、もう大丈夫だよ~。」

「再発とか定期的に検査してるんですか?」

「うんやってるよ。」

一通り経過を聞いた後話をした後、施術に入ります。

 

そこそこ動きも改善したものの、痛みはまだ残っている様子。

おかしいなあ?他になんか別の問題があるのかなあ?

「これで少し様子を見て下さい。もしあまり変化ないようなら一応医者に診てもらったほうがいいかもしれません。」

そういってお別れしました。

本人は至って普通でしたが、なんとなく元気がないように感じていました。

今思えばその時の後ろ姿に自分の中で何かを感じていたのかも知れません。

 

その後、半年ほどして、別のクライアント様からその方が亡くなったことを聞きました。

ひょっとして再発して入院しているのかな?

とは思っていたけど、まさか…

 

どうやら癌が腰に転移していたとの事。

実際、それほど間をあけずに病院に行かれたとは思います。

また亡くなったタイミングから考えてもあの時点でもうかなりあちこちに転移していたんだと思います。

とはいえ、もっと強くすぐに病院に行く事を進めていたら、命は助かったのではないか…

しばらく自問自答する日々が続きました。

 

本当に重篤な病気になったとき、私たちセラピストが出来ることは限られています。

せめて早く以上に気づいてなるべく早く適切な医療ケアを受けてもらう。

それくらいしかできません。

しかし、それができるのもお医者さんより皆さんに近い位置にいる私たちです。

がんばりますとも!

 

I.Kさん、いままで治療家としての私を育てて下さって本当にありがとうございます。

御冥福をお祈りします。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 塗り薬(軟膏など)と貼り薬(湿布)、どちらが効果的か?

  2. 「痛み止め」は「痛み殺し」

  3. せっかくあすとらむに来てくださった方に「一度、病院に…」とい…

【あすとらむ】へようこそ

ヒーリングオフィスあすとらむは横浜市営地下鉄中川駅すぐにある難治性疼痛(病院の通常の治療であまり良くならない身体の不調)の解消とマタニティケア(不妊解消、切迫早流産や逆子回避、安産整体、産後の骨盤ケア)を得意とする整体院です。
地元中川周辺だけでなくセンター北など港北ニュータウン一体、あざみ野・たまプラーザなど田園都市線沿線などからたくさんの皆さんに来ていただいています。
お困りの方はぜひあすとらむにご相談ください。

横浜市都筑区中川1‐19-25露木中川ビル202
045‐532‐4650
月火木金土 9:00~19:00
水     9:00~13:00
日祝    定休日